毎日ケアをしているにもかかわらず肌の潤いが足りていないと感じている人は、入浴方法を見直してみてはいかがでしょうか。
実は入浴と肌の潤いには密接な関係があります。

まず、毎日シャワー浴だけの人はこれからは湯船に浸かるようにしてみてください。
その方が肌の潤いを作ることが出来ます。
そして体を洗う際に、スポンジや硬めのタオルでゴシゴシと力を入れて擦っているようなら、それもやめたほうが良いでしょう。
皮膚の汚れというのは、実は湯船に入っただけでもある程度まで落ちるものなのです。
それなのに石鹸を付けて力強く肌を擦ってしまうと、肌を痛める原因になるばかりか皮膚に残しておかなければならない油分まで奪ってしまい、乾燥に繋がってしまいます。
熱いお湯に浸かるのが好きな人もいるかもしれませんが、熱すぎるお湯も油分が失われる原因のひとつです。
肌の潤いを保つためには、ぬるめのお湯で半身浴などの方が効果があります。

また入浴剤を使うのも良い方法です。
最近では保水・保湿効果がある入浴剤もたくさん販売されているので、自分の好みのものを選んで入れるだけでも違ってきます。

ちょっとしたことに気をつけるだけで、肌の状態は変わってきます。
毎日入るお風呂だからこそ、気をつけたいですね。

肌が乾燥していたり、アトピー体質の方のお風呂の注意点はこちらからご覧ください。